前へ
次へ

不動産の売買のときには登記の確認を

不動産売買契約を締結する前に買主は仲介業者による重要事項説明を受けることになります。
そこで十分に検討するということができるようになるわけですが現地調査も合わせて登記簿などの確認もした方が良いです。
これは自分で行うことができます。
売主と買主が合意できれば売買契約ということになるわけですが当然ですが口約束というのは後でもめることになりますので、きちんとした契約書にして明記させることにしましょう。
不動産は動かすことができないような資産ではあります。
しかし、それでも状況が変わってしまうなんてこともあったりするので契約不履行ということになったりする場合もあります。
そんな時のトラブルのためにしっかりとした契約書を交わしておくということが求められているわけです。
さて、購入しようとする不動産の所有者とか権利関係に関してのチェックということで東京などは必ず確認することです。
難しいと思うかもしれませんが実際問題としてこれは大して難しいことではないので、自分で行うことは十分に可能です。

Page Top