前へ
次へ

不動産売買をして感じたこととは

祖父母が亡くなり不動産を相続しましたが、住む家は遺族みんなあったので悩んだ結果売却することにしました。
不動産売買をすることは滅多にないので、何から手をつけたら良いかもわからずとりあえず不動産屋に行ってみることにしました。
最初は近場にある不動産屋に行きましたが、いまいちよくわからない対応をされてしまい困りました。
その後きちんと調べて、納得できる対応をしてくれる先を探して問い合わせ、足を運びました。
わかりやすい対応で売買に対してほとんど知識がない私にも、わかりやすいように説明してもらえたし、ここなら安心して任せられると思いました。
いくらが妥当で売れる確率を高められるのかというアドバイスももらえたし、その後は任せきりにしていましたが、逐一報告をしてくれたので不安になることもなくてよかったです。
依頼してから三ヶ月ほどでスピーディーに売却ができたのも信頼できる先を見つけられたからだなと思っています。

Page Top